クレジットカードはポイント還元率で選ぶ

クレジットカードはポイント還元率で選ぶ

クレジットカードを選ぶ基準には会費やカードが持つブランド力、保険など各種付加サービスや利用可能店舗数など様々な項目があります。しかしどうせ「利用する」なら何といってもやはりポイント還元率の高いカードが良いでしょう。例えば「持っておくだけ」なら会費無料のカードやブランド力の高いカードのほうがメリットは多いでしょう、しかし実際に使うとなるとポイント還元率は無視できません。


ポイントは多くもらえるほうがいい

例えば家賃や光熱費といった固定費をクレジットカードで払うと仮定します。A社のカードではポイント還元率が1%、B社のカードではポイント還元率が2%だとして、固定費を全て引っ括めて分かりやすく10万とした場合、毎月A社なら1000円相当のポイントが、B社なら2000円相当のポイントが貯まります。これが一年続くと1%の差でもその差額は12000円にもなり結構な金額差になります。同じ額を払い続けてもこれだけの差が出るのでポイント還元率はクレジット選びにおいて決して侮る事ができません。


クレジットカードとポイント還元率

クレジットカードのポイント還元率は「何円の買物に対して何ポイント得られるか」と「ポイントは何円相当の特典と交換できるか」によって算出する事が出来ます。例えば1000円で5ポイント貯まるAカードと10ポイント貯まるBカードでは一見10ポイント貯まるBカードのほうがお得に見えます。しかしAカードは1ポイント=1円ですがBカードは10ポイント=1円だった場合、ポイント還元率はAカードが0.5%、Bカードが0.1%となり断然Aカードのほうがお得というわけです。

Comments are closed.