クレジットカードのポイントでオリジナルグッズを

クレジットカードのポイントでオリジナルグッズを

クレジットカードは利用金額に応じてポイントが付きます。ポイントの有効期限や利用料金に応じた還元率などで選んでみると、さまざまなクレジットカードがあっても、その還元率などに大きな違いがあることがわかるかと思います。


クレジットカードのポイントでオリジナルグッズを

クレジットカードの中には、オリジナルグッズと交換できる会社もあります。JR東日本が発行しているビュー・スイカカードではポイントを貯めるとオリジナルのスイカグッズと交換が可能で、全国のペンギンファンから、非常に人気が高いそうです。スイカに電子マネーにしてチャージすることもできますし、JR東日本が運営しているので、全国のグルメなどとも交換ができるのですが、限定のスイカペンギングッズはあっという間に終了してしまうそうです。


ディズニーオリジナルグッズも人気

ディズニーリゾートの公式スポンサーであるJCBでつくることのできるクレジットカードでは、ポイントをディズニーリゾートのパスポートなどに交換することができます。また限定のディズニーグッズも多くあるので、ディズニーファンは持っておきたいクレジットカードといえるでしょう。カードのポイントはカードによって有効期限などが異なります。

クレジットカードでの支払い方に注意するようにしましょう

クレジットカードでの支払い方に注意するようにしましょう

現在では当たり前のようにクレカをお財布に入れて持ち歩いている方が多くなっています。
そんなクレジットカードですが、初めての方だとどのような支払い方がベストなのか、分からないものですよね。支払い方は「一括払い」・「分割払い」・「リボ払い」があります。少額であれば一括支払いしてしまえば良いのですが、それが厳しいという場合は、分割払いやリボ払いを選択するのが良いでしょう。一括払いで支払いを済ませてしまえば、一切手数料がかかりませんので便利です。また、分割払いもクレジットカード初心者には向いていると言われています。自分に合った返済方法を見つけるというのは難しいかもしれませんが、利用していく内に少しずつ分かっていくので問題はありません。一括払い以外の支払い方法ですと、手数料が発生してしまう事になるため注意が必要です。


クレジットカード初心者でリボ払いは避ける

初めてクレカを持つ方の場合は、リボ払いすることを避けた方が良いと言われています。
リボ払いとは、分割払いと非常に似た物で金利が発生することになります。こちらはクレジットカード初心者には向いていない返済方法だと言われているので、出来るだけ避けるようにした方が良いでしょう。こちらの支払い方法を選んでしまうと、後に返済する上で何かと困ってしまう事も多くなってしまいます。そのようなトラブルを避けるためにも、リボ払いは選択しない方が良いでしょう。同じく、こちらも金利が発生することになってしまいます。返済の仕方がイマイチよく分からないという場合には、支払い方についてネット検索するとか、クレジットカードに詳しいカード会社に連絡を入れてみましょう。


年会費無料のクレカを持とう!

初めてクレカの申請を行う事を検討している方は、年会費無料のカードがおすすめです。
年会費が発生しないということは、安心して持ち歩くことが出来るという事を意味します。年会費が発生するクレジットカードでも問題ありませんが、初心者の場合はなるべく負担のかからないクレジットカードを選ぶようにすべきです。スペックに伴って年会費が決まっているというもの見かけますが、無料だからと言ってサービスが充実していないという事ではないのです。年会費無料のクレジットカードにも優れたスペックが搭載されています。ただ、便利だからと言ってあまりにも利用し過ぎてしまうと、返済する方が大変になってしまうので注意が必要です。

自分のクレジットカードのポイントを知ろう

自分のクレジットカードのポイントを知ろう

あなたはご自身のクレジットカードのポイントについてどのくらい知っていますか?
カードを使っているだけで満足しているという方も多いのではないでしょうか。
ここではポイントに関する基本的な情報をあげていきます。


ポイントはどこで確認できるの?

クレジットカードに貯まったポイントは、カード申し込み時に個人情報を登録するとそのカード会社のホームページで見ることができます。
同時にポイントの交換ができる場合もあるので、自分のポイントを確認して交換できそうなものがあったら検討してみてはいかがでしょうか。
ちなみに交換できるのは、グラスや料理器具などの日用品が多いようです。
また商品との交換以外にも、場合によってはポイントで他社のプログラムに移行できることもあるようです。


どれくらい使えばどのくらい貯まるの?

はっきり言ってしまえば、どのくらい貯まるのかは年間の利用額によって異なっていきますが、やはり頻繁に利用しないとなかなかポイントはたまらないようです。
たとえば年間に50万円ほど使ったとすると、1年間で貯まるポイントは還元率0.5%で2500ポイント程度。
商品と交換する場合、必要となるポイントは最低でも2000ポイント以上になるので、1年間に50万円を使ってやっと何かを買えるくらいです。
ポイントの恩恵にあやかりたいときは、日常的にクレジットカードを使うのがいいかもしれません。

クレジットカードでガソリンが安くなる

クレジットカードでガソリンが安くなる

クレジットカードは使い方によっては大変便利です。キャッシュレスという便利さはもちろんですが、月々の利用明細書が、様々な手間を半減させてくれます。


<クレジットカードの利用明細は便利>

クレジットカードを使うと、毎月利用明細がおくってきます。郵送を希望していれば紙ベースで送付されますし、ネット上で請求されることを希望していれば、ネットで確認することが出来ます。この明細書は大変便利で、領収書やレシートでとっておくと保管が大変ですし、整理も手間がかかるものです。なくしてしまうこともあるでしょう。クレジットカード利用明細書は、「日付」「金額」「どこで使用したか」が明確です。これだけあれば確定申告や会社への経費の請求など、スピーディーに、なおかつ正確に行えます。


<クレジットカードでガソリンが安くなる>

ガソリンスタンド発行のカードを持って使用すると、プリカの割引率よりもずっとお得な値段でガソリンを入れることが出来ます。また1回払いを選択すると利息や手数料も取られないカードがほとんどです。「使うだけで安くなる」のですから、大変便利です。ガソリンスタンドにしてみれば、自社のカードを持っていてくれるだけで顧客獲得や囲い込みが出来ることから、ガソリンスタンド側にとってもメリットが大きなものです。タイヤやオイル、車検に関してまで「カード会員限定の割引」などを行っているところもあります。

クレジットカードとポイント交換時の注意

クレジットカードとポイント交換時の注意

クレジットカードのポイントがびっくりする程よく貯まる、といった美味しい話には全てとは言いませんがある落とし穴が仕掛けられている可能性もあります。また大なり小なりこの落とし穴はどのようなクレジットカードを使っていても無関係の話ではない為覚えておく事でリスク回避につながる事でしょう。


クレジットカードとポイント期限

多くのクレジットカードが抱えるその落とし穴とはポイントの有効期限にあります。ポイント有効期限といってもその仕組みは会社や商品によって様々です。例えば「最後にクレジットを利用してから○ヶ月経過で全ポイント失効」といった合算タイプは固定費の支払いに利用する等の方法をとっていれば比較的に失効の可能性が少ないと言えます。しかし会計毎にポイントが分離しており「そのポイントが付与された時から○ヶ月でポイント失効」といったタイプの場合案外気がつかないうちに失効する事があり「いつまで経ってもポイントが増えないと思ったら同じくらい減っていた」なんて話も珍しくありません。尤も中にはポイントが永久不滅のクレジットカードもあるようなので、普段あまりカードを使わない方やポイントを大量に貯めておきたい人にはそういったカードが向いていると言えます。


もう一つの落とし穴は交換単位にある

またポイントにはもう一つ「ポイント交換単位」というものがあります。これはポイントを何らかの商品やマイルと交換する際に最低でも○○ポイント以上の交換しか受け付けませんよ、という内容です。例えば後数日で82ポイント失効するから82ポイントだけマイルにしたい、といった場合でも交換単位が200ポイントからとなっている場合最低でも200ポイント以上はマイルと交換しなくてはなりません。ポイントの期限と交換単位には十分注意しポイントが無駄にならないようにしましょう。

クレジットカードはポイントが貯まりやすい条件で利用する

クレジットカードはポイントが貯まりやすい条件で利用する

クレジットカードでポイントを貯めるのであれば当然ポイント還元率の高いカードが有効です。しかし実はこのポイント還元率、利用する店舗や時期によって変動するクレジットもある為実際は一定ではありません。一般的に比較サイトなどで提示されているポイント還元率はポイント倍増キャンペーンなどを利用しなかった最低期待値で示されている事が多く、実際は表示%より多くのポイントがクレジットでは稼げる事があります。


クレジットカードのポイントが増える条件

クレジットカードのポイント増加に関するキャンペーンは商品や会社によって異なる為一概に「こうだ」とは言えない部分はあります。しかし例えばある商品では利用者様の誕生日月だけポイント5倍といったキャンペーンを行なっているといいます。その為大きな買物を検討中の方はこのようにポイントが通常より多くもらえるタイミングを見計らうとよいでしょう。また提携店や提携ネットショッピングサイトで利用すればポイント倍増、ポイント3倍といったサービスを提供しているカードもあるといいます。このような場合余程商品価格で損する場合を除き極力持っているクレジットと相性のいい店での買物を心がけるとよいでしょう。


利用額や利用年数に応じて比例上昇するケースも

またあるカードはクレジットカードの利用額や利用年数が増えるほどポイント還元率が高くなるカードもあります。例えば年間100万円以上の利用があれば翌年のポイントが倍増する商品や、利用年数5年以上でポイントが1.5倍になる商品などもあります。こういったポイント付与サービスにも目を向けるとよりポイントが多く貯められます。

クレジットのポイントは何と交換する?

クレジットのポイントは何と交換する?

クレジットカードで貯めたポイントは何と交換するか、あるいは出来るかによってもその価値が変わってきます。例えばどれだけポイント還元率が高いカードでも魅力的な特典が一切無いようなクレジット会社では有り難みがありません。


一番人気は金券類

クレジットカードのポイントで交換できる特典の中で最も人気があるのは何といっても図書券やギフト券といった金券類です。汎用性が高くポイントをほぼ現金として受け取る事が可能だからです。また下手な商品と交換するよりも金券類はポイント還元率が高く最もお得な特典であるとも言えます。


他のお得なクレジットカード特典

また他にクレジットカードの金券類以外の交換特典で候補をあげるのであれば、カードの年会費をポイントで払うのもお得です。またカードによっては貯まったポイントがマイルと交換できる為そのまま旅行経費にあてる事も還元率が高くオススメです。またポイントがそのまま自社のネットショッピングサイトで利用できるカードもあり、汎用性なら金券類に勝るとも劣りません。最もこれらはいずれも全てのクレジットカードで利用できるサービスではない為、カードを選ぶ際には貯まったポイントにどういった使い道があるかも還元率と合わせて確認するようにするとよいでしょう。

お得なクレジットカードの方程式

お得なクレジットカードの方程式

お得なクレジットカードの条件といえばまずポイント還元率が高い事があげられます。しかし多くの方にありがちなのは最初から年会費のかかるカードはそれだけで損だと選択肢から除外してしまうというミスです。勿論年会費無料でポイント還元率が一番高いカードが市場にあるのであればそれが最もお得なカードといっても過言ではないでしょう。しかし実際はというと年会費こそかかるもののポイント還元率は会費無料のクレジットより高いものもいくつか存在します。


クレジットカードは総合的に見る事

例えばポイント還元率が0.5%のA社とポイント還元率1%年会費1260円のB社があるとします。B社の年会費は1260円なのでこれを月換算すると毎月105円が発生する事になりますが、この場合月々21000円以下の利用ならA社が、21000円以上の利用ならB社のほうがお得になります。もしクレジットカードで固定費の支払いや毎月の定期代などを払っていれば後者のほうが断然お得というわけです。


まずは固定費を算出してみる

こういった比較をする為にまずは自分がクレジットカードを持つ事になった場合、毎月いくらクレジットで支払う事になるのか凡その検討をつける事が大切です。特に家賃や水道代、電気代といった固定費は普通に生活していればそれほど月々の支払額に差は出ないのでこういった固定費を基準にどのカードが最もお得なのかを計算していくとよいでしょう。

クレジットカードはポイント還元率で選ぶ

クレジットカードはポイント還元率で選ぶ

クレジットカードを選ぶ基準には会費やカードが持つブランド力、保険など各種付加サービスや利用可能店舗数など様々な項目があります。しかしどうせ「利用する」なら何といってもやはりポイント還元率の高いカードが良いでしょう。例えば「持っておくだけ」なら会費無料のカードやブランド力の高いカードのほうがメリットは多いでしょう、しかし実際に使うとなるとポイント還元率は無視できません。


ポイントは多くもらえるほうがいい

例えば家賃や光熱費といった固定費をクレジットカードで払うと仮定します。A社のカードではポイント還元率が1%、B社のカードではポイント還元率が2%だとして、固定費を全て引っ括めて分かりやすく10万とした場合、毎月A社なら1000円相当のポイントが、B社なら2000円相当のポイントが貯まります。これが一年続くと1%の差でもその差額は12000円にもなり結構な金額差になります。同じ額を払い続けてもこれだけの差が出るのでポイント還元率はクレジット選びにおいて決して侮る事ができません。


クレジットカードとポイント還元率

クレジットカードのポイント還元率は「何円の買物に対して何ポイント得られるか」と「ポイントは何円相当の特典と交換できるか」によって算出する事が出来ます。例えば1000円で5ポイント貯まるAカードと10ポイント貯まるBカードでは一見10ポイント貯まるBカードのほうがお得に見えます。しかしAカードは1ポイント=1円ですがBカードは10ポイント=1円だった場合、ポイント還元率はAカードが0.5%、Bカードが0.1%となり断然Aカードのほうがお得というわけです。

クレジットカードを初めて持つ方へ

クレジットカードを初めて持つ方へ

今では多くの方がクレジットカードをお持ちですし、利用されている方も多いかと思います。
初めての方はどんなカードが良いのか選ぶのも大変だと思います。
皆さんはどのようにして持つのを決めたのか気になりますよね。
数多くある中から一枚だけ選ぶのは逆に大変なので、少し周囲の方の意見も参考にしてみましょう。


クレジットカードの選び方は?

まだお持ちでない方にお勧めなのは、年会費が無料のクレジットカードです。
普段あまり使用することのない方もこちらのカードがよろしいかと思います。
年会費が無料ですとお金が一切かからずお持ちいただけるので、初心者の方には打ってつけだと思います。
クレジットカードは使わなくても持っているだけで良いのだと個人的には思います。
過度に使うのではなく、いざという時の為にお持ちいただく・・・これが理想的なのではないかと!


今ではキャラクターのもある!

最近では、キャラクターがデザインされたクレジットカードもあるみたいなので、そちらも良いかもしれないです。
ですが、デザインだけで決めないようにきちんとその金融機関の条件などを確認して比較をしながら決めるようにして下さいね。
もちろん、条件に納得した上でそのキャラクターを選ぶのは問題ありません。
最後に無理なく返済できる程度で利用するようにして下さいね。